読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【TEN 리뷰】 규현의 모차르트

 

entertain.naver.com

 

[TEN REVIEW]キュヒョンのモーツァルト

 

寂しい天才、モーツァルト役を担ったキュヒョンはあらん限り叫び、噎び泣き、すべてを吐露した。

彼はダルタニャン役で第一歩を踏み出し、ドン・ロックウッドで可能性を示唆し、ムヨンとフィリップ皇太子、ウェルテルで実力も認められた。そして、ついに ヴォルフガング・モーツァルトで頂点に達した。世宗文化会館という大劇場の舞台上でもっとも光り輝いていた。これで‘SJ’というタイトルの代わりに ‘ミュージカル俳優’という修飾を付すに値する。

キュヒョンは去る10日に幕を開けた“モーツァルト!”を8番目の作品に選んだ。世界的に有名な音楽家であるモーツァルト、そのうえ複雑な感情変化を表現 しなければならないだけあってプレッシャーもかなりのもの。しかし、そのプレッシャーを責任感に変え背負い込み、タイトルロールの役割を十分に果たした。

‘もっとも出演した作品1順位’で‘モーツァルト!’を選んだキュヒョン。いつもにまして準備万端だったことは何度も伝えられたきた。

モーツァルト!’は既存のヴォルフガング・モーツァルトを付した作品とは違う時系列で彼を見つめた。卓越した天才性は生かしながら、寂しさにスポットを当てた。特に父に認めてもらえない欠乏にも焦点を合わせた。

キュヒョンは作品が言わんとしているポイントを正確に試み、賢明に表現した。音楽をする瞬間を除外すれば誰よりも無邪気で、さらに愚かであったモーツァルトの二面性を興味深く描いた。

いたずらに満ちた表情と声で純真無垢さを表し、天才音楽家の人間的な苦悩と複雑さ、微妙な感情を不足なしに観客たちに伝えた。

‘내 운명 피하고 싶어’は、幼いころ自身の影から抜け出すことができず、常に自身と葛藤するモーツァルトの苦しみを静かに込めたナンバーだ。キュヒョンはこの曲を歌い、も はや目と耳を離せずにはいられないようにした。吐き出すような彼の歌と噎び泣きを通し、モーツァルトの悩み余すことなく伝えた。自分の服を着たように、 キュヒョンは少しの違和感もなくモーツァルトを表現した。

ミュージカル‘Singing in the rain’作中の傘を持ったまま降り注ぐ雨に合わせタップダンスを踊るキュヒョンの姿からは到底、予想もしなかった絵が完成した。自信ある作品を通じ、認 められ安心できたことも、キュヒョンは‘モーツァルト!’で勇気を出したし、さらに不足なしで消化したことによって大衆を偏見の目から覚めさせた。
劇の終わり、頂点に向かって行きにつれキュヒョンはもっと集中し、観客たちも深みにはまっていった。散漫することなく、完璧に準備された姿でモーツアルトの始まりと終わりを見せた彼は客席の熱い拍手を受けるに値した。