読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【MD포커스】 꿈 이룬 규현, '모차르트!'로 더 단단해졌다

 

m.mydaily.co.kr

 

夢を叶えたキュヒョン、‘モーツァルト!’でより頼もしくなった

 

キュヒョンは多様なキャラクターを持ち合わせている。SJのメンバーであり、ソロ曲‘光化門で’をヒットさせた後、バラード皇太子を呼ばれた。MBC‘ラジオスター’のMCも担当しており数多のミュージカルの舞台に立ち、実力派であることを立証した。

しかし、今ミュージカル“モーツァルト!”はまた違うキュヒョンを作り上げた。キュヒョンが持ち合わせている柔らかい感性を込めながらもより頼もしい印象 を受ける。過去出演したミュージカル“ウェルテル”“ROBIN HOOD”“あの日々”“三銃士”で見せた姿とはまったく違う。キュヒョンの力強いボーカルは観客たちを驚かせた。もっとも出演したい作品1位に‘モー ツァルト!’があったことを明かしたキュヒョンは夢を実現させもう一段階、成長した。

天才の悲劇をリアルに表現した演技はやはり目を引く。音楽の神童と呼ばれるなど天才性をにじませたが運命を受け入れられず絶え間なく自由を渇望する姿はも どかしいことこの上ない。また天才性を象徴するアマデと葛藤と和解を繰り返しながら結局は死に至る姿を感動と戦慄を与える。キュヒョンは死んでも平安では いられないヴォルフガングの一生を演じ観客たちの感情を決定的に導いて行った。

一方、今公演は2002年‘モーツァルト!’日本東宝初演当時、演出と脚色を担当し優秀演出家賞をはじめ演劇賞大賞を受賞した日本の小池修一郎が演出を担った。来る7月22日まで世宗文化会館で上演される。